一般論として、同和問題を「関西の闇」という表現で十把一絡げにすることには大いに抵抗がある。

 

部落の人だからと言って全員がとんでもない人だというのは立派な偏見で、ちゃんとした社会人として誠実に生きている人たちは多い。部落でない人のほうがいろいろな面でよほどひどかったりする。

 

その上で、部落を盾に利益を享受しようという人は実際に存在するわけだが、当然公平性はそこにはないわけで、怒る人がいて当たり前、いやむしろ怒るべきだろう。

 

そこで、一般に「強者」にあたる側が、こうするより外に仕方がなかったのだ、やむを得なかったのだという言い訳をするべきではない。ましてや、自分は被害者だなどと言い出すことを許していてはいけない。

 

同和問題は確かに根深いが、訳知り顔に「関西の闇」と言ってみたり、あるいはだから仕方がなかったのだと言って被害者ヅラをして開き直ることを是認していてはいけない。

 

部落差別を撲滅する道は他にないはずだと信じている。

 

 

 

 

 

https://jura03.hatenadiary.jp/entry/2019/06/29/121203

 

環境大臣の発言が取りざたされている。売れっ子の政治家だけに注目されているわけだけれども、ここではその評価云々についてはひとまず置く。

 

私が非常に気になるのは、日本人の気候変動問題におけるあまりにもあまりな問題意識の低さだ。

 

・・・

 

たとえば、国連に出てきたために日本でもようやく名が知れたグレタ・トゥーンベリだが、そもそもなんで今頃になって日本のTwitterでもがやがや言われる程度に名前が知れたのか、私には全く理解ができない。

 

グレタの日本語のWikipediaを見ると書いてなかったので驚いたのだが、彼女はアスペルガー症候群である、というのが重要な要素になっている。芝居がかっている云々というのは全くの的外れで、アスペルガーの子が一人でストライキを始めたところ、1年でああなってしまったところに意味があるものと考えないといけない。

 

背景に大人の事情はいろいろあるのだろうが、少なくとも欧州では気候の変動が深刻にとらえられており、彼女の言いたいことそのものに異を唱える者は皆無なのではないか。たとえば、彼女の食べ物がプラスチック包装されていたりするのをとがめられたり、あるいはあの調子で説教するのをからかわれたり、というのは見るけれども、それ以上の批判はあまり見ないように思う。その程度に欧州人は深刻に問題を考えており、彼らの反応を「ヒステリック」と一言で片づけることは不可能だ。

 

氷河が溶け続けていると日々宣伝されている欧州と日本が違うことは何もなく、日本にいても太陽光線がそもそも過去と違ってしまっており、単に「今年は暑い」で済ますことができるとは到底思われない。台風の大型化や狂暴化も、気候変動の問題と無関係であるわけがない。

 

・・・

 

もちろん、日本が地球環境問題に全く無関心であったわけではなかった。技術開発などの一般的には地味な問題にも取り組まれている。原発の必要性を声高に言いにくい状況の中(少なくとも目先は原発が必要なのは理の当然だ)、石炭火力まで批判されるとやりきれなくなるのももっともだ。(たまたま、今年あるところの石炭火力の石炭の消費量を聞いて仰天したものだが、だから原発を使えばいいじゃないかとあらためて思ったものだ)

 

しかし、売れっ子の政治家が環境大臣に就任して、上滑りなことを言うと(この問題で具体的かつ実行力のあることを言うのは非常に難しいと思うが)、大っぴらに話題になり、その影響でグレタの話もネタに上がる、程度に、気候変動問題に関する認識が薄い、そのほうがはるかに問題ではないか。

 

地球環境問題に注目させたので、売れっ子の新大臣でよかった、という話にはしない。こういう議論の仕方がだいたいろくなものにならないのは経験の教えるところであり、私が言いたいのはそういうことではない。

 

気候変動についてどこまでも他人事感が漂う日本人の認識を、私は問いたい。 

 

 

忘れないうちに書いておこうと思う。先日25日、ドイツのシュタインマイヤー大統領は、フィヴィッツァーノで行われた、ヴィンカの虐殺の式典に参加し、イタリア語で挨拶、謝罪をした。

 

ヴィンカの虐殺というのは、レジスタンス時代の1944年に起こった虐殺事件で、ヴィンカの住人がナチスファシストらによって殺害された事件だ。174名が亡くなった。

 

イタリアのマッタレッラ大統領とともに75周年の式典に出席したシュタインマイヤー大統領は、「ドイツ人にとって、ドイツ連邦共和国大統領にとってこの場にいるのは難しい」とイタリア語で挨拶して、ナチス時代の蛮行について謝罪した。

 

・・・南京大虐殺って日本人は何人殺したんだっけ?と言いたくなるわけだが、それはともかく、ヨーロッパではこういう努力が絶えず行われていることを、日本人はもっとよく知った方が良い。

 

条約を結んだから、それで話は済んだんだ、というものではないことを、欧州人はよく知っている。

 

私は朝鮮半島の情勢は全く知らないが、どうみても韓国サイドに問題が全くないとは言えないわけだけれども、それにしてもそもそもとして、ドイツとイタリアのこういう話が日本では全く参考にされないことは非常におかしいと言ってもよいと思う。

 

石破茂が戦争責任についてブログに書いていたけれども、その話自体は全くもっともで、枢要の政治家からそういう発言がでてくることそれ自体はいいことなのだろう。

 

https://twitter.com/11uk3w/status/1163229603898388480

11uk3w @11uk3w
■ - 今日の雑談 https://jura03.hatenadiary.jp/entry/2019/08/18/091852
たしかにそれはもっともな話だし、わたしも彼のように欧州人のありかたを学びたいと思っている。じゃあいったい誰がそれを教えるのか、自発的に学ぼうとする人間がこの国にどれだけいるのか、というところで非常に難しい課題が残ると思う。

 

これは全くそうで、だいたい自分の身の回りやご近所さんに対して、私がここで書いているようなことを私が言い続けることすら、非常な困難を伴う。

 

単純に、誰にも理解されないからだ。

 

こういうことを言える人、言うべき人というのは、本当は日本にもそれなりにいるはずで、これは政治的に右も左も関係がない。

 

たとえば、本来ならば吉崎達彦だって言わねばならないが、実際にはそうなっていない。商社で情報を扱っていて、現場の商社マンの話も聞ける人がこういう認識でいるということは、普段商社の人間がどういうつもりで商売しているかよく分かるわけで、

 

「そんなつもりでいるんだったら、日本が戦後に稼いだカネは全部吐きだして、最貧国になろうや、それで餓死するなら俺も餓死するわい、皆で死のうや、お前らふざけとんのか」

 

と、私もそういう気分になる。

 

カネと倫理観念は常に相伴う。

 

東京にいてそれなりのポジションにいる人がこれでは、あとは推して知るべし、と言わねばならない。

 

いかに困難な課題であることか。

 

・・・

 

ただ、こういう問題があるという認識を、ごくわずかな人なりともまずは確認しておくことは必要なことではないかと考えている。

 

戦争の話でいえば、自分に都合のいい、甘い話しか流通しなくなっている大きな理由の一つは、日本語圏がそれでほぼ完全に閉じられてしまっているということがあるには違いない。外と内とで認識が違いすぎるのに、誰もそのことに気が付かないし、気が付きようもなくなっている。

 

もっとも、これは今の世代だけに責任を帰せられるものではない。私たちの祖父母やその上の世代たちからして、戦争については扱いがすでにいい加減で、その尻拭いを下の世代がさせられている面があり、そう考えるとひどい話だ。

 

しかし、そうは言っても、日本の外における認識と内における認識の差それ自体すらもう分からなくなってしまっていることには変わりはなく、本当はもっと言われないといけない。

 

つまり、「課題」それ自体をまず「課題」であると認識するところから始めなければならないのだろうけれども、それすらも大変だ。

 

・・・

 

しかも、この問題はかなり根が深い。

 

日本は欧州・米国から多くのものを輸入してきた。政治制度や「民主主義」ももちろん、日本が輸入したものに入る。

 

制度や形のあるものは、それ自体を持ってきたらいいので容易だが、たぶん、日本は一番大事なものを輸入しなかったし、結局できなかった。

 

それは、制度を運用する「精神」そのものとしか言い表せないものだ。「精神」がしっかりしていないと、正しく運用できない。法律の文面だけいじってもどうにもならないものがあり、そのことをほとんどの日本人は理解していない。

 

楽譜に書かれてある記号をその字面通りに読み取ることは、ちょっと慣れれば誰にでもできる。楽器を練習すれば、楽譜に書かれてあることをそのまま音にすることは可能だ。しかし、それは楽譜を音楽として音にすることとは全く別の話であり、その差をよく認識しないといけない。。。という話を、普通、学校の先生は教えないし、教えられない。学校の先生自身が理解していないからに他ならない。

 

それと全く同じ問題が、他の分野にも言える。

 

内と外の認識の差が生じることには、単に言語上の問題だけではなくて、「精神」の使い方や姿勢の問題にあるようにしか私には思われないわけで、こういったことは日本では誰も言っていない、ことはないと思うが、たいてい自覚されていない。

 

話がここまで広がり、大きな問題になってくると、どうしようもなくなる。

 

・・・

 

このような袋小路に入ると、私はいつも次のように考えることにしている。

 

そこで実践として大きなことをやろうとするのは常に偽物だ。目の前の現実と格闘しなければならない。

 

なので、私は身の回りの人たちと少しずつ格闘することにしている。少なくとも私の周りについては、そのようにして、少しでもよいので、これはこういうものなのだということを広めていければよいと考える。

 

なによりも、まずは子供だ。大人を変えることは不可能だが、子供たちだけはなんとかしたい。しなければならない。

 

そのためにどのように振る舞えばよいか。どのように子供たちと接すればよいか。

 

私は全く無力だが、無力なりに、徒手空拳もやむを得ない、なんとか抗いたい。そのように考えている。

 

 

かんべえの不規則発言の8月15日に気になる発言があった。

かんべえの不規則発言


○「戦争の記憶を風化させてはいけない」というのは、反対しにくい正論である。しかしそれってやっぱり無理があるのだ。時間がたてば、人は必ず忘れる。実体験した人もどんどん減っていく。できもしないことを、できる振りをするというのは精神衛生上、よろしくない。特に子供たちに向かって、そういうことを強いてはいけない。

言いたいことは分かるところはあり、一方的な平和主義は全く非現実的であるにもかかわらず、その主張を維持するために戦争経験を持ち出すレトリックは私も大嫌いだ。

 

ただ、それでも、これはいろいろ無理な議論だと思うし、今の若い世代のことをよく分かってないのではないかと思った。

 

そもそもを言えば今の日本が成立しているのはあの戦争で負けたことにあって、大戦を経験したものがいなくなっていくとしても、記憶としては永く保持しなければいけない義務が私たちにはある。

 

忘れないようにする努力を欧州ではしつこくやっていることを吉崎が知らないはずがなく、そういうことはやっても無駄だと吉崎は欧州人相手にも言えるのだろうか。これが一つ。

 

また、保持されねばならない記憶がいかなるものか、という問題がある。大戦を実地に経験した世代がほとんど死んでしまっている中、歴史をよく知るということがなくなってしまった。

 

その代わりに残ったのが、歴史をネタにしたプロパガンダで、これは今に始まった話ではなく、かつ左翼も右翼も関係ないわけだけれども、一般的には流通しているのがたいていこの種のものであるために、理解が全く偏ってしまっているという問題はある。

 

今の若い世代なぞ、このご時世なら右方向からのプロパガンダに完全に染まっている子が多数になっていても全くおかしくない。いわば、変な歴史を「子供たちに強いている」わけで、こんなことがあっていいわけがない。

 

むろん、問題は子供ではない。大人が愚かを極めていることにこそ、問題がある。

 

大学の先生たちが、天下りに怒っているのはよく分かる。役所から天下った人たちに支払われる給与で、若い人たちを何人も雇えるし、様々に善用できるからだ。

 

しかし、なぜ同程度に次の問題について怒らないのか、私には全く理解できない。

 

・・・

 

森友・加計問題で明らかになったのは、私立学校だと十分にビジネスとして成立していて、そのためにはあらゆるコネや手段を使うし、それだけの利益が見込まれる、ということだと思う

 

有力な政治家と親交を保つために、年に1億の交際費を何年も使ってもペイできてしまう教育事業とはなんなのだろうか。

 

これが私には分からない。

 

最近も、吉本に教育事業として100億つっこむという話が出ていたが、それだけ聞くと確かに愚かを極めているわけだけれども、これも結局、いろんな形の公的援助・支援を前提にすれば儲けが出ると思われているから、だから吉本のような企業が参入する。

 

同じことは、高校の英語検定試験や大学入学試験をめぐるいざこざについても言えるのだろう。

 

別に教育事業が絶対にビジネスとして成立するべきではないとは言わない。教育者やそれに携わる人全員が仙人であるべきだ、とは思わない。

 

ただ、物には限度というものがあるはずだろう。

 

特に教育事業はそうそう大きな利益が出ないのが本来のはずで、にもかかわらず、政府行政とつるみさえすれば大きな利益が上がる、そのためにはなんでもするというのは全くおかしい。

 

森友・加計を筆頭にしたもろもろは、本来公教育に投下されるべきリソースが変な方に回されていることしか意味せず、大学の先生たちがよくこれだけ侮辱されて黙っていられるものだと私は思う。

 

もっとも、私は私立学校だけではなく、予備校や塾についてもかなり批判的な考えを持っているので、その分は差し引かなければならない。

 

しかし、子供たちのことを第一に考えるならば、今のような話が、つまり大人たちの一方的な都合で教育が事業となっているような現実は到底認められるはずがない。大事なのはカネだけで、子供の未来でもなんでもない。

 

それは、天下りもそうだし、その他のさまざまな問題についても同じだろう。

 

そういうことを、国立大学のプロフェッサーたちが真面目に考えたうえで、待遇の悪さを愚痴っているようには、到底見えない。