はじめに

このブログは次の三原則を掲げています。 1 私はいい加減な面倒くさがりなので、あまり調べずに適当に書きます。 2 私はいい加減で頭が悪いので、ろくなことは書きません。 3 私は頭が悪いので空気が読めません。ごめんなさい。

老年が若い有権者を挑発しながら、投票を促す動画、というのを見た。 単に投票行動を促したいだけなら分かるのだけれども、この老年が揃って保守的で逃げ切ることだけを考えている、という設定になっている。 もしも、この動画によって若い人たちが左派に投…

結局、障害のある人には特別な配慮を無理やりしない、というのが、私のポリシーになった。無論、障害そのものに配慮をしたり、手助けするのは当然だ。言いたいことはそういうことではなく、善悪の判断基準のようなものを、障害があるからと言って、甘くした…

障害のある子供が学校に通い出して、バリアフリー化工事をしたので、その一人のためだけではなくて、その後にも障害のある子供が通えるようになってハッピーでした、という話を見た。 それ自体は大変結構な話だと私も思うが、たいていそこで終わらない。とい…

無料の地元情報紙みたいなものが、毎週郵便ポストに入っている。まともに読むところはないが、一応は目を通すことにしている。しかし今回は驚いた。 一ページ全体に自民党の選挙広告があり、そこにやや若いころのものか、デジタル加工してあるのか、にこやか…

「安倍さん勝ったら後期高齢者の医療費負担が倍」枝野氏(朝日新聞デジタル) - Yahoo!ニュース ■枝野幸男・立憲民主党代表(発言録) 年金の2千万円の報告書が目立っていて影で隠れていますが、財政審議会というところが、同じときに建議している。後期高…

無知な大衆はダメなのでインテリが革命を起こしてなんとかする、というのは、18世紀末にナポリで失敗済みだ。この失敗に対する反省が、のちのちに影響を与えているそうだ。 無知な大衆を教化しようというのも、たとえば日本の戦後左翼の種々の活動が結局失…

これは国境を超えると思うが、政治がらみの話で一番イヤなのは、「あんた、今与党のそれ褒めてるの、与党を支持してるからってだけで、野党が主張したらボロクソに言うだろう」とか、「あんた、今野党のそれを褒めてるの、野党を支持してるからってだけで、…

小幡績PhDの行動ファイナンス投資日記:なぜ米国の一流経済学者が日本に二流のアドバイスをするのか しかし、阿呆なりに学んだのは、これが米国一流経済学者が日本にリフレ政策やMMT、果てには消費税引き上げ延期、財政出動をまじめな顔でえらそうに提案す…

障害者に国会議員が務まるのかというのは、もちろん、障害の程度によるわけだけれども、脳性麻痺や筋萎縮症の患者に議員活動は、常識的に考えれば無理だろう。 私は個人的な経験から、障害者についてはいろいろ思うところがあって、「健常者と同じように」と…

地方の私立中高で、この十数年は少なからぬ卒業生が中央の官僚になっているような学校の生徒の話を聞いていると、英語の授業がまともでなくなっていることに驚いた。 つまり、英文をきちんと読むという訓練を、私立の進学校クラスの学校でさえまともにやって…

小学校2年生の女の子と、こういう会話をした。 小2「他の人みんな働くのに、社長はなんでえらそうにして椅子に座って働かへんの?」 私「社長さんはね、別のお仕事してはんの。みんなが働きやすいようにするのがお仕事なんよ。せやから、えらそうにいばっ…

ネットには大学の先生が多い。見ていると、特に国公立大学の先生の、資金的時間的な余裕のなさがよく伝わってくる。 まことにもってお気の毒で、何とかしなきゃならんだろうと私も思うわけだが、もう片方で次のことも思わないでもない。 というのも、その当…

私が分からないことの一つは、地球温暖化について、日本でほとんど取り沙汰されていないように見えることだ。 私の住んでいる地域でも、太陽光線がまるで昔と違っているのが感じられるし、なにより気温から何から変だ。 これが、人間の活動に起因しない現象…

こないだも、高校生が面白いことを言っていた。 「生徒会なんて、先生にいい顔をして、内申点稼ぎしたい子しかいませんから」 その子はそう言って憤慨していたが、ああ、そうだろうなあ、と私も思った。 こういう言い方をすると、真面目に生徒会活動をしてい…

大学を出ていない親や子供のいる家庭に対する、ひどい偏見を見た。 私には、大学を卒業していない古い友人たちがいる。彼らは、確かに学校のお勉強はできなかったかもしれないが、社会人としてしっかりやっていて、家庭も持っており、立派に子供たちを育てて…

私のような考えを持っていると、社会的にも経済的にも大変に損だ。 私は生まれも育ちも特殊で、最初はどうやって生きていけばいいのかよく分からなくて、随分回り道をしたし、いまでもしているのではないかと思うが、プールで溺れるようにしながら生きてきて…

学校のお勉強はやらなかったが、賢い人、頭がいい人という人物は実際に存在する。 こういう人は賢いので、賢ぶることは絶対にしないし、真面目に勉強した人、勉強している人に対してそれなりの態度をとる。 ただ、こういう人は非常にまれであって、世間一般…

https://twitter.com/petty_bonitas/status/1142061019662934016 ☕petty_bonitas @petty_bonitas木村先生は良心的な方なんですね。若い時はそういうこと言う子はいくらでもいますよ。しかし成長して大人になったら人生の苦みを知って、若かりし頃の己の視野…

無知がものの役に立ったためしはない: hamachanブログ(EU労働法政策雑記帳) 細かいところまで勉強せよとは言わない。しかし、公的年金とはそもそも如何なるものであるか、そして公的年金制度において「年金返せ」なるスローガンが如何なる、どちら向きのベク…

・源泉の保険料などが高いというのは、つまり現役世代の負担が非常に大きいわけだ。 そこで皆が広く負担する消費税の意味が出てくると、常識的に考えればそういう話になるはずなのに、そこはそういう話にならない合理的な理由が私には全く理解できない。 ど…

https://twitter.com/marxindo/status/1138236977084477440 PsycheRadio @marxindo 「自分は何をやりたいのか」「自分は何のために生きるのか」なんてことを考えなくていいほうがみんな幸せなんじゃないかと思うラジよ。 確かにそうかもしれないが、その代わ…

雅子皇后の英語はメラニア夫人より上手で当たり前 – アゴラ 保守派で安倍内閣にも大変に近いと思われる八幡和郎がこんな記事を書いていて、笑ってしまった。言っていることにもっともな点が少なくない。たとえば、 「雅子皇后がトランプ夫妻と通訳なしで話し…

戦後知の可能性―歴史・宗教・民衆 作者: 安丸良夫,喜安朗 出版社/メーカー: 山川出版社 発売日: 2010/12/01 メディア: 単行本 購入: 2人 クリック: 72回 この商品を含むブログ (5件) を見る 天皇の戦争責任問題を回避してきたのは大問題だと思うけれども、「…

リフレ派ウォッチ。 安倍首相:完全雇用は達成、2%物価目標は「一応」の目的 - Bloomberg 安倍晋三首相は10日午後の参院決算委員会で、政府と日本銀行が掲げる2%の物価安定目標には届いていないものの、完全雇用など「本当の目的」は達成しているとの認…

父親が「引きこもり」の息子を殺した事件は、家庭内暴力の話が出てきている。いろいろ察するわけだけれども、子供の方にも言いたいことは山ほどあったはずであって、父親の言い分だけ垂れ流しにされるのはどうかとやはり思う。あまりいい気分はしない。 ・・…

周りを見回していて、「あんたの狭い世界観や価値観を他人や子供に押し付けるなよなあ」と思うことが非常に多い。 子供は親に対して立場が弱く、生死に関わるので、この「狭い世界観や価値観の押し付け」が大変に起きやすい。 その結果としていろいろな問題…

私の住んでいる地域には、引きこもりが少なくない。子供の引きこもりから、30代以上、50代の引きこもりまでさまざまだ。そうなった事情は、他人なのでどうしたって分からないが、このところ続いている引きこもり関連の事件はとても他人事とは思えない。 …

私はテレビを見ないので世間でどう報道されているかはネットの記事から類推するしかないのだけれども、これはちょっとひどい。 16年ぶり、後席に皇后・雅子さま(TBS系(JNN)) - Yahoo!ニュース また、食後に場所を移して懇談する後席には16年ぶりに皇…

森友でも加計でもそうだが、首相あるいは首相夫人と知り合いだとああいう優遇が受けられるということに、普段から苦しい状況を書き連ねている大学の先生たちがたいして怒らなかった。これが私には随分不思議で、いまでもよく分からない。 たしか、大学の先生…